HOOK-X

【斬新な発想、精緻な再現】 

HOOK-Xは、平面駆動ドライバーと圧電(PZT)ドライバーを組み合わせたハイブリッド型インイヤーモニターとして初の試みとなります。この2つのドライバーは、オーディオ業界で最もセンセーショナルなドライバー技術でありながら、これまでIEMというフォーマットで併用されたことがありませんでした。この画期的なコンセプトに挑戦し、入念なエンジニアリングとテストを経て、これらのドライバーの強力な特性を完璧な音質で表現するIEMを完成させることに成功しました。単に大げさなドライバーを詰め込んだ他のIEMとは異なり、バランスよくチューニングされ、ドライバーの音響的な優位性と、調和のとれた音調で音楽を楽しむことができる製品に仕上がっています。

 

カスタム14.2mm平面駆動ドライバー】 

平面駆動ドライバーは、電流が流れる2つの強力な磁石の間に吊り下げられた薄い膜を利用しています。平面駆動ドライバー(プラナー・マグネティック・ドライバー)の利点は、低質量と強力な磁場により、ダイナミック型やバランスド・アーマチュア・ドライバーと比較して極めて優れた応答性を持つことです。音質面をさらに強化するため、強力なN52マグネットで駆動する14.2mmの大型平面型ドライバーを独自に製造しました。このドライバーの精度は、膜が過渡信号に対してより敏感に反応するため、信じられないほどパンチの効いた、インパクトのあるサブバスレスポンスを可能にします。さらに、20Hz~40kHzのフルレンジを効果的に拡大し、これまでIEMでは得られなかった高音域のレスポンスを実現しています。内部筐体の構造設計や音響ダンピングシステムを工夫し、平面駆動ドライバーを採用したIEMでは珍しい、バランスの取れたターゲットチューニングを実現しました。

 

【カスタム18層両面PZTドライバー】

圧電(PZT)ドライバーは、筐体内で圧電素子を振動させることで高音域の応答性を高めています。軍事工学のバックグラウンドを持つ外部チームと協力し、100回以上の音響衝撃シミュレーション実験を経て微調整された18個のセラミック圧電素子からなる両面積層方式を設計しています。PZTドライバーは、製造時に52の複雑な工程を経て、ひとつひとつ手作業でテストされ、ペアリングされています。PZTドライバーは、平面駆動ドライバーの高音域の伸びやかなレスポンスに加え、一般的なバランスド・アーマチュアや静電ドライバーとは比較にならないほどの音の解像度と空気感を実現しています。

 

【開放型(オープンエアー)設計】 

HOOK-Xは、チューニングと音響特性の両面から、開放型デザインを採用しています。これにより、平面駆動ドライバーの特性を際立たせるために、最大限の空気の流れを確保することができます。さらに、一般的なIEMと比較して音場が広がり、開放型ヘッドホンの開放感とリアルな再生音を模倣することができます。耳への負担が少なく、聴き疲れを軽減することができます。

 

【カスタム18層両面PZTドライバー】

圧電(PZT)ドライバーは、筐体内で圧電素子を振動させることで高音域の応答性を高めています。軍事工学のバックグラウンドを持つ外部チームと協力し、100回以上の音響衝撃シミュレーション実験を経て微調整された18個のセラミック圧電素子からなる両面積層方式を設計しています。PZTドライバーは、製造時に52の複雑な工程を経て、ひとつひとつ手作業でテストされ、ペアリングされています。PZTドライバーは、平面駆動ドライバーの高音域の伸びやかなレスポンスに加え、一般的なバランスド・アーマチュアや静電ドライバーとは比較にならないほどの音の解像度と空気感を実現しています。

 

【開放型(オープンエアー)設計】 

HOOK-Xは、チューニングと音響特性の両面から、開放型デザインを採用しています。これにより、平面駆動ドライバーの特性を際立たせるために、最大限の空気の流れを確保することができます。さらに、一般的なIEMと比較して音場が広がり、開放型ヘッドホンの開放感とリアルな再生音を模倣することができます。耳への負担が少なく、聴き疲れを軽減することができます。

HOOK-Xのハウジングは、多くのシミュレーション実験を経て、一般的な耳の角度や装着感に合うように緻密に設計されています。各ユニットは、音響室の均一性を確保するため、高精度な5軸CNCから作り出されています。ハウジングの設計からドライバーの組み立てに至るまで、HOOK-Xの各側面には職人技、技術力、音響的なセンスの良さが表れているのです。

 

【交換可能なコネクターケーブル】

HOOK-Xは、0.78mmの2ピンジャックで接続するモジュラーコネクターケーブルを標準装備しています。4.4mmと2.5mmバランス、3.5mmアンバランスの各ジャックにコネクタを差し替えるだけで、どのデバイスでも使用できることを意味しています。このため、かさばるアダプターは必要ありません。ケーブルは、ハイブリッドドライバーの透明感を高めるOCC銀メッキ同軸シールド線を使用。

HOOK-Xのハウジングは、多くのシミュレーション実験を経て、一般的な耳の角度や装着感に合うように緻密に設計されています。各ユニットは、音響室の均一性を確保するため、高精度な5軸CNCから作り出されています。ハウジングの設計からドライバーの組み立てに至るまで、HOOK-Xの各側面には職人技、技術力、音響的なセンスの良さが表れているのです。

 

【交換可能なコネクターケーブル】

HOOK-Xは、0.78mmの2ピンジャックで接続するモジュラーコネクターケーブルを標準装備しています。4.4mmと2.5mmバランス、3.5mmアンバランスの各ジャックにコネクタを差し替えるだけで、どのデバイスでも使用できることを意味しています。このため、かさばるアダプターは必要ありません。ケーブルは、ハイブリッドドライバーの透明感を高めるOCC銀メッキ同軸シールド線を使用。

 

 

 

TOP